Pocket

作家の村上春樹さんが、新作の長編小説(書き下ろし)を刊行すると発表しました(≧∇≦)

 

タイトル発売日、それにボリュームが気になりますよね☆

 

内容は「奇妙な物語」になると村上春樹さんがおっしゃっていました。

Sponsored Link

村上春樹の新作長編小説のタイトルや発売日

村上春樹さんの新作長編小説のタイトル発売日について調べてみました!

タイトルは未定とのことで、発売日は2017年2月とのことです。

 

タイトルや、詳しい発売日が分かり次第、こちらに追記いたします^^

 

村上春樹さんの小説は、2009年・2010年のIQ84以来7年ぶりですので、ファンにとっては待ちに待った新作小説ということになります(≧∇≦)

活字離れが叫ばれていますが、ハルキストにとってはどこ吹く風という状況ですよね。

新作小説が発売されたら、飛ぶように売れることでしょう♪村上春樹 新作 小説 タイトル 発売日

村上春樹の新作長編小説の内容は「奇妙な物語」

新作の長編小説の内容について村上春樹さんは、とても奇妙(ストレンジ)な物語になると語っていました。

これは、11月1日にデンマークで行われた読者との交流会の中で、次作について問われた時に答えていたものです。

ハンス・クリスチャン・アンデルセン文学賞:

童話作家アンデルセンにちなんだ文学賞で、授賞式は2016年10月30にデンマークで行われた。

奇妙(ストレンジ)な物語とは、一体どのようにストレンジなんでしょうか(>_<)

想像すらできません・・・!!!

村上春樹 新作 小説 内容 奇妙な物語

村上春樹の新作長編小説のボリューム

村上春樹さんの新作長編小説は400字詰め原稿用紙換算で2千枚、全2冊になるそうです。

『海辺のカフカ』よりは長くて『1Q84』よりは短い小説というとイメージしやすいかと思います(*^^*)

ちなみに

「1Q84」がBook2まで発売が予告されていた時点で2000枚と言われていた

という説明の方がボリュームをイメージしやすいハルキストの方もいらっしゃるかも知れませんね☆

Sponsored Link

村上春樹の新作長編小説 まとめ

今日は、村上春樹さんが2017年2月に新作の長編小説を発表するというニュースを受けて、速報的にブログを更新しました!

 

私も情報があまり無い中でフライング気味に更新してしまいましたが(汗)、色々と分かり次第追記いたしますので、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

Pocket