Pocket

旧芸名能年玲奈さん(現在はのんに改名)が声優を務める「この世界の片隅に」が大ヒット中です(*^^*)

ネット上での感想では、のんの演技は下手という評価もされているようですが・・・

また、「この世界の片隅に」を上映している映画館についても紹介します^^

なお、この記事にはネタバレ要素が含まれていませんので、ネタバレしたくない方も安心してお読みいただけます☆

Sponsored Link

映画「この世界の片隅に」 ”のん”の演技に対する評価は下手?

能年玲奈から改名したのんさん。

「のん」としての初仕事が、「この世界の片隅に」の声優でした☆

改名後の初仕事が声優だったという点には、私も意外な印象を受けました。

(のんさんが声優に挑戦すること自体も初です)

また、世間でも「この世界の片隅に」が公開される前から「何故のんが?」「しかも声優?」という声があがっていましたよね。

女優として役を演じるのと、声優(吹き替え)として声だけで演じる事はまた別ものですから。

 

こういった背景を踏まえて、のんの演技が下手だと言われたきっかけを振り返ると・・・

原因はこちらの予告動画だったのではないでしょうか?

予告動画スタートから35秒ぐらいの「警報発令 警報発令」のセリフが舌っ足らずで棒読みだということで「のんの演技は下手」だとか「なんでのんが声優に起用されたのか?」などという意見が出てしまいました。

 

しかし、私が実際に「この世界の片隅に」を観て思った感想は、「のんは演技が下手ではない」というものです(*´∀`*)

説明が難しいんですが・・・←あまり詳しく説明してネタバレしてしまってはいけないので(笑)

予告の「警報発令 警報発令」のセリフは、あえてキャラ作りで舌足らずで幼いイメージを出すために棒読みっぽく読んでいたと私は捉えました。

そして、のんさんは声優として喜怒哀楽をとても上手く表現していました^^

(あまり書くとネタバレになってしまいますので、この辺で終わりにしますね^^)

むしろ棒読みとは逆で、イメージを出すためキャラ作りという点で、のんさんの演技は上手だと思いましたし、「のんを声優に起用して正解だった」と思います^^

ちなみに、私は広島出身ではないので「広島弁」が上手かは分かりませんでした。

ただ、方言問題はどんなにベテランの声優さん/俳優さんであってもついてまわる問題なので、その辺は広島県民の方もお手柔らかに評価してあげて欲しいと思います(*´ω`*)

この世界の片隅に のん 声優 評価 下手

映画「この世界の片隅に」を観た感想(ネタバレなし)

私は「この世界の片隅に」を観て、単純に映像(特に風景)が綺麗サウンドも素晴らしかったなぁという感想を持ちました(*˘︶˘*).。.:

戦争ものの映画の中には、見終わった後に心がドーンと重くなる”だけ”の映画も多い中で、「この世界の片隅に」は、時にクスッと笑顔になれるシーンもありました。

「この世界の片隅に」はヘビーすぎない、でも”戦争”というものを知るためにとても良い映画だと思いました。

そしてアニメーションではあるけれど、何かこうリアルの世界観を感じられたというか・・・(*^^*)

観て良かったですし、実際に「”この世界の片隅に”とても良かったよ」と友だちにも勧めました(*´∀`*)

この世界の片隅に 評価 感想

映画「この世界の片隅に」上映館情報

「この世界の片隅に」は上映している映画館が少ないとの声も聞かれます。

↓こちら↓の劇場情報を参考にして、上映館を探してみて下さい♪

全国の「この世界の片隅に」上映館情報はこちら

 

また、「この世界の片隅に」はバリアフリー上映(日本語字幕付き上映、音声ガイド上映)している映画館も一部あります☆

(対応していない劇場もあるので、映画館に確認してみてくださいね^^)

【日本語字幕付き上映】

耳の不自由な方も映画を楽しめるように、日本語字幕付きになっている。(音声も通常通り出るので、一般の方も鑑賞できます)

【音声ガイド付き上映】

UDCast方式による音声ガイド上映。

UDCastとは:

「見えない」「見えにくい」方が、いつでもどこでも日本映画が楽しめるよう、携帯機器(スマートフォン・タブレット端末)とイヤホンを使って音声ガイド付きで鑑賞できるシステム。

この世界の片隅に 上映館 情報

映画「この世界の片隅に」の制作費はクラウドファンディングで集まった

「この世界の片隅に」の制作費はクラウドファンディングで集められました(*˘︶˘*).。.:*♡

クラウドファンディングとは:

あるモノを作りたい/あるプロジェクトを推進したい、でも資金がないという人や団体が、インターネットを通じて世間の人々に呼びかけて、「それ良いじゃん」と賛同してくれた人から資金を集める方法

「この世界の片隅に」製作者側の当初の目標は2,000万円だったのですが、それをたった9日間で集め、最終的には4,000万円の制作費を集めることができました(*^_^*)

私が映画館で感動したのは「この世界の片隅に」の映画そのものはモチロンのこと、映画のエンドロールに”クラウドファンディングに協力してくれた人々の名前”が流れたことです(*´∀`*)

クラウドファンディングは ”本当に良いモノが、制作費の問題によってこの世に出ずに埋もれてしまう”という事態を避けることのできる、素晴らしい手法だと思います!

Sponsored Link

まとめ

今日は、映画「この世界の片隅に」での声優のんさんの演技が下手という評判について考察してみました。

 

自身の感想は、下手・棒読みは演出によるものであって、のんさんの演技が下手な訳ではないと感じました☆

 

また今日は、上映館情報も紹介しました^^

オススメの映画だと思いますので、ぜひ上映館を調べて「この世界の片隅に」を観に行かれてみてください(*´ω`*)

Pocket