Pocket

創価大田中正義投手が2016年ドラフトの超目玉だと話題です!

出身中学高校や経歴を投球動画を交えて紹介します。

右肩の怪我は少し心配ですが、その辺りもみていきましょう。

【関連記事】

池田ショコラ 始球式のかわいい画像集!カップや彼氏は?過激水着画像も!

Sponsored Link

田中正義プロフィール(小学校・中学・高校・大学)

読み方:たなか せいぎ

まさよしと読むのではないんですね。

生年月日:1994年7月19日

出身地:神奈川県横浜市

身長:185cm

体重:85kg(90kgとの情報もあります)

小学校:横浜市立上末吉小学校 

中学校:横浜市立末吉中学校

高校:創価高校

大学:創価大学

田中正義 ドラフト 中学高校 右肩 怪我 創価大

田中正義投手は小学校の時はリトルリーグ・駒岡ジュニアーズで、中学生になってからは川崎中央リトルシニアで野球をしていました。

創価高校に入学した時点では1年生エースとして活躍しましたが、右肩を痛めて外野手に転向します。

外野手に転向してからの田中正義さんは4番を任されていますね。

185cm・85kgの大きな身体から繰り出される打球は迫力満点です。

ちなみに、甲子園出場の夢は高校3年を通じてかないませんでした。

 

高校卒業後、田中正義さんは創価大学へ入学します。

大学入学時は野手だった田中正義さんですが、投手になりたいという夢を捨てきれずに監督に相談、その後監督の後押しもあり約1年投手としての体づくりに集中しました。

そして、大学2年からピッチャーとして大活躍していきます。

特筆すべきは防御率0.41!!!

最大156kmの豪速球に、ストレート、スライダーやフォーク、カーブを自在にあやつる田中正義投手は無敵といっていい活躍をしていました。

田中正義、10月15日は右肩怪我後 初の完投勝利

10月15日に行われた東京新大学野球リーグ流経大戦で、田中正義投手は、右肩の怪我以降初の完投勝利をおさめました!!

おめでとうございます!

田中正義 ドラフト 中学高校 右肩 怪我 創価大

この試合は、ドラフト前では最後の先発だったので、球団のスカウト陣へも右肩の怪我に不安がないことのアピール材料になりましたよね☆

ちなみに、この日の試合は約30人のスカウトが観に来ていました。

スカウト陣の方、ひとつ田中正義投手をよろしくお願いしますよ〜!!

Sponsored Link

田中正義の投球動画

田中正義投手の投球動画を入手しました。

<2016年ドラフト候補>創価大・田中投手 最速154キロのピッチング:全日本大学野球選手権 動画はこちら

元プロスカウトの日野茂氏によると、「肩を壊しにくい投球フォーム」とのお墨付きですので、今後もこのフォームで投球し続ければ右肩の怪我の再発も防ぐことができますよね。

 

今日は、田中正義投手について紹介しました。

20日のドラフト会議、目が離せませんね!

Pocket