Pocket

ご結婚されたばかりの将棋棋士・郷田真隆さん若いころイケメンだったと聞いて、画像を探してみました。

また、将棋に対する名言も数々残されているようなので、色々と調べて振り返ってみました。

Sponsored Link

郷田真隆プロフィール

読み:ごうだ まさたか

生年月日:1971年3月17日(45歳)

出身地:東京都

プロ入り:1990年4月1日、19歳の時

郷田真隆 若いころ イケメン画像

そして、郷田真隆さんの気になる結婚相手は、横浜市の37歳の一般女性だそうです。

ご結婚おめでとうございます!

それに郷田真隆さんは1月~3月に行われた王将戦七番勝負で、羽生善治さん(45歳・郷田真隆さんと同い年)と戦って見事にタイトル防衛を果たされていますよね。

2016年、最も乗りに乗っている棋士は郷田真隆さんだと言って良いぐらいの活躍っぷりですね!

郷田真隆の若いころのイケメン画像

今でも知的で優しそうな雰囲気で十分イケメンミドルな郷田真隆さんですが、若いころイケメンだったと聞かされたからには、私としては画像を探さない訳にはまいりません。

郷田真隆 若いころのイケメン画像

将棋をさす郷田真隆さん

わーっ、若いころの郷田真隆さん、うわさ通りのイケメンですね!

俳優さんとして芸能界でも活躍できるレベルのイケメンですよ、これは!

 

Unknown-2

扇子を持つ郷田真隆さん

そして着物が似合う

普段から着こなしているだけあって、身体に馴染んでいるというか、扇子を持つ所作1つとっても自然で美しいですね。

 

郷田真隆 若いころのイケメン画像

スーツ姿の郷田真隆さん

郷田真隆さん、着物だけでなくスーツも似合いますね。

ネクタイの幅だけが時代を感じさせますが、こちらの画像も普通に現代の俳優さんとして活躍できるイケメン具合だと思います!!

Unknown-5

あごに手を当てて次の手を考える郷田真隆さん

もしや、現代の女子の「虫歯ポーズ」の先駆けとなったのは郷田真隆さんだったのか!?

 

郷田真隆 若いころのイケメン画像

参考画像:虫歯ポーズ

虫歯ポーズとは:顔周りに手を置くことで小顔に錯覚させる効果があり、かつネイルのデザインまで写せるポーズ。はじめてこのポーズを見た人は「虫歯でもあるの?」と勘違いすることが名付けの由来。

Sponsored Link

将棋棋士・郷田真隆の名言を振り返る

「将棋は技術が全て」というがそんなことはない。 ならば人間でなく機械が指せばいい

その通り!名言ですね。

私が小学生の時の話なんですが・・・

性格ひねくれ者の男子が、水泳のタイムが遅いことをからかわれて「パパのジェットスキーの方が早いもん!」などと、悔し紛れに反論していました。

それを先生から「人間が早く泳ぐのが良いんであって、それを言っちゃぁオシマイですよ」と諭されていました。

あの男子は今頃どうしているんでしょうか・・・

 

最善ではないけど、勝利を目指した手だから邪道ではない。勝負事に邪道はない。

この名言を残したのは、常にアマチュアのお手本になる勝負を心がけていて、それだけに真理と勝負の間で揺れていた時期だそうです。

勝負事に邪道はない・・・ふむ、名言ですね!

 

そんな手を指すくらいなら、死んだ方がマシだ

こちらも、勝負に対するプライドが感じられる名言ですね!

将棋に対する本気度が痛いほど伝わってきます。

まとめ

郷田真隆さんの若いころイケメン画像と、将棋名言集はいかがでしたか?

イケメン画像はカッコいいですし、名言も将棋だけでなく実生活にも役立てたいなぁと思いました。

Pocket