Pocket

手作り目薬に挑戦してみました!!

最近、ドライアイ疲れ目が本当にヒドかったので(>_<)

先日買ったPCメガネを使い始めてかなり対策はできましたが、まだまだツラいです。

Sponsored Link

ドライアイや疲れ目、私のケース

私はコンタクトもしてない裸眼なんですが、ドライアイ疲れ目の自覚がすごくあります。

まぶたの開け閉めがスムーズにパチパチっとできなくて・・・

閉じる時はペターっとなってなかなか閉じることができず、
開ける時はシバーっとなってなかなか開かない。

 

感覚で言うと【乾きすぎてまぶたの滑りが悪い】という感じでしょうか。

 

それに眼の奥がドーンと重いような疲れ目・・・

 

そこで、ナチュラル派にピッタリなドライアイ対策は無いかと調べたところ、

生理食塩水(0.9%塩水)を点眼する

という、何ともシンプルな方法があることが分かりました!

 

自分に合っていそうだと思ったので、早速点眼してみた結果…

 

良い!

 

本当に目がラクになり、感動しました!!

ドライアイ

手作りの目薬の材料とオススメの容器

手作り目薬の材料と、オススメの容器を紹介します!

−材料−
1.ミネラルウォーター100g
(水道水はNGとのこと)

2.海のお塩
伯方の塩や赤穂のなど1g
(食卓塩や岩塩はNGとのこと)

3.熱湯消毒しておいたボウルorどんぶり
(この中で水と塩を混ぜます)

 

スポイトタイプ点眼容器  5ml ≪5本セット≫ 【メール便選択可】

感想(85件)

4.点眼容器

(眼科でもらう目薬の形をした容器

目薬

作り方は?防腐剤は入れる?

作り方は

ボウルorどんぶりの中で
水と塩を混ぜ
点眼容器に詰めるだけ!

 

防腐剤は入れません

 

保管は、常温でも良いそうですが

「不安な方は冷蔵庫で保管して下さい」

とありました。

防腐剤も入っていないことですし、私は冷蔵庫保管しています。

 

私はこの手作り目薬を朝昼晩と、1日に3回点眼していて、目が本当に楽だなぁと感じています。

Sponsored Link

本当は怖いドライアイ

私は、疲れ目を感じていたり ”まばたきがツラい” という程度で済んでいますが、もっとヒドいものだとツラいだけでは片付けられない、実は怖いもののようです。

 

平たくいうとドライアイとは

【目を守るバリアの役目をしている ”涙” が蒸発しやすくなり、目の表面が傷つきやすい状態】のことを指すそうです。

スマートフォンやパソコンの画面などを、長時間まばたきせずに見つめることで発症し、この症状を放っておくと → 目の表面に傷がついた状態を放っておくことになり → 目を開くことさえもツラくなってくるそう。

さらにドライアイが進行すると、角膜(目の表面)が完全に乾燥してしまい、その上皮がはがれ掛かることもあるそうです。

こうなると、目を開くことはもちろん、目を閉じていても痛む状態になり、睡眠の質にまで影響してしまいますよね。

 

たかが目の乾き、ドライアイと軽く考えずに上手く付き合っていきたいものです。

Pocket